スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲ ー テ

11 15, 2009 | けいたい

0
君知るや 彼の国
檸檬の木は花咲く 暗き林の中に
黄金色のシトロンは 枝もたわわに実り
青く晴れし空より 涼やかに風吹き
ミルテの木は静かに ロウレルの木は高く
雲に聳えて立てる その国を
彼方へ
君と共に行かまし

 

君知るや 山の道
立ち渡る霧のうちに 騾馬は道をたずねて
嘶きつつ彷徨い 広き洞の中には
いと年経たる龍の ところ得顔に棲まい
行き帰る白波の 岩より岩を伝う
彼の懐かしき山の道を
彼方へ
君と共に行かまし

 

 
詩って謎ですな。
今のところ雰囲気で楽しむしかない。

解釈を読みたいような読みたくないような。
スポンサーサイト

« うわー ずーん »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
カウンター
プロフィール

いつみ

Author:いつみ
漫画オタ・ふじょし

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。